和泉 式 部。 平安の不倫マニュアル「和泉式部日記」の中身

紫式部の女房批評①~和泉式部~

部 和泉 式 部 和泉 式

これでは本宮参拝もできないと諦め、彼方に見えるを伏し拝んで、歌を1首、詠んだ。

13
「日記」は、故人となった為尊 ためたか 親王をしのびつつ1人無聊 ぶりょう をなぐさめている初夏のある日、故宮に仕えた小舎人童 こどねりわらわ が、弟宮帥宮から託された橘 たちばな の花を届ける場面から書き起こされる。 【補記】式部が、初めて恋文を出す男に代わって詠んだ歌。

百人一首/和泉式部(いずみしきぶ)

部 和泉 式 部 和泉 式

【補記】「あらまほしき事」とは、こうあってほしいと願うこと。 (巻二十 雑六神祇 1162) この歌に対しては、伏拝のときと同じように、神様からの返歌がありますので、ついでに紹介します。

3
起初兩人的關係並不穩定,不時有其他傾慕和泉式部豔名和才華的男人到訪她的住處 ,親王的亦猛烈反對二人的戀情,認為和泉式部並非身份高貴的人家,而且傳聞有其他男性常常進出她的居所(《和泉式部日記》)。 熊野本宮の神様は阿弥陀如来であり、その慈悲は無差別にあらゆる人々に注がれるものでした。

和泉

部 和泉 式 部 和泉 式

小式部内侍の葬送の時、和泉式部が孫に与えた歌である。

11
2位の相模が40首。 もろともに塵にまじはる神なれば月のさわりもなにかくるしき そこで、和泉式部はそのまま参詣することができたという。

和泉国の式内社一覧

部 和泉 式 部 和泉 式

【補記】枕詞として用いている「白雲の」が、歌柄を大きくし、また山吹に寄せる作者の思いをどこか高踏的に見せるという、面白い効果を発揮している。

恋に我が身をくれてやった。

和泉式部日記とは

部 和泉 式 部 和泉 式

自分を振った相手の姿を目にして恨めしさと恋しさに揺れる心を詠んだ歌です。 多感で清新な詠歌は傑出しており,『』以下のに 250首近く入集し,家集『』がある。

其晚年狀況不明,約60歲左右離世,一說她先於其夫於七年(1034年)去世。

和泉式部:熊野の歌

部 和泉 式 部 和泉 式

自分を振った相手とは同じ所に仕えているので、姿だけはいつも目にしているという状況。 「そながら」は「そのままに」の意。

17
付記は社名とともに記されているもので、一部は「」を参照。