スプラ マニューバー ギア。 【スプラトゥーン2】スプラマニューバーの立ち回りとおすすめのギア【スマニュ】|ゲームエイト

【スプラトゥーン2】ブランドごとに付きやすいギアパワー一覧|ゲームエイト

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

インク消費の弱体化もありましたが、空きが多いのでインク系のギアで対応可能です。

19
一時期は猛威を振るっていましたが今は サブ性能を積んでいないとあっさり割られてしまうので使うタイミングに気をつけましょう。 キューバンボムをガンガン投げたいのでサブ効率アップを多めに積んでいます。

【スプラマニューバーで勝つ】ための立ち回り+オススメギア|Splatoon

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

一方 相手目線に立つと一度エイムを左に振られもう一度右に戻さなければならないので 結構翻弄されます。 敵との遭遇を想定し前線へ赴き、高い機動力と安定感のあるキル性能を存分に発揮できると理想的です。 スライドは一気に距離を詰められるので素早い裏取りが狙えます。

8
スプラマニューバーコラボの戦い方は? スプラマニューバーコラボはサブの カーリングボムを使いながら相手を混乱させるような戦い方をしていこう。

【スプラトゥーン2】マニューバの強い使い方!立ち回りおすすめギアなど!

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

柱を背にして攻撃を受ければノックバックせずにヤグラに陣取れますし、短射程が寄ってくるようなら爆発してキルも取れます。

15
ギアの個数は、メイン1つサブ3つかメイン2つからが70以上です。 3ダメージになり、疑似3確にすることができます。

スプラマニューバーコラボの戦い方と立ち回り。おすすめのギアを紹介

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

違うのは、「スパッタリー」の方が射程距離が長く、インクの消費量が多いことです。

メインウェポンの優れた機動力と高水準の対面性能はさることながら、スペシャルのキル特化の性能も相まって、あらゆるルール、ステージでキルをメインとしたチーム貢献が可能です。

スプラマニューバーコラボの戦い方と立ち回り。おすすめのギアを紹介

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

96ガロン系 プライムシューター系 ボトルガイザー系 与ダメージアップ プロモデラー系 わかばシューター系 塗り性能アップ N-ZAP85系 塗り性能アップ& 地上射撃ブレ軽減 スプラシューター系. 装備する必要なし。

ギア厳選についてさらに詳しく! ブランドについてのまとめ ギアにあるブランドは、ギアパワーの付きやすさに影響することがよくわかったかと思います。 塗りに力を入れたい、敵の足場を奪いたい、1発でも良いのでダメージを与えたい場合などは、照準が2つであることの強みを活かすために通常撃ちを。

【スプラトゥーン2】ギアのおすすめ構成や効果効率の高い付け方

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

0ダメージが入ると、マップに表示されます。 また、スーパージャンプ時間短縮はリスタート地点や後方の味方にジャンプしてマルチミサイルを撃つ場面を想定しギア装備にいれた。 非常によく似た性能を持つブキがシューター系の「ボールドマーカー」です。

20
疑似確定が狙えるブキは9種類ある• スプラマニューバーコラボのおすすめのギアは? スプラマニューバーコラボはヒト移動速度アップや相手インク影響軽減といったシューター系で使いやすいギアを装備するのももちろん効果的。 だが、その分一度戦い方を身につけたらその 突破力の虜になってしまうだろう。

【メイン性能アップ】疑似確に必要なギアパワー数は?

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

なのでPCは自分の生命線であるためスペックにはかなり自信をもって紹介できます。 ・復活ペナルティーアップ デスの少ない長射程なら割とアリなギア。

1
敵に狙われた厳しい状況から脱する場合、ボム跡を利用することで逃走の択を増やすことができる。 射程不利な武器へのけん制距離が伸びるので、余裕があれば付けていきたいです。

【メイン性能アップ】疑似確に必要なギアパワー数は?

マニューバー ギア スプラ マニューバー ギア スプラ

弾にもイカ本体にも当たり判定の「大きさ」が存在するので、近づくほど、相手のエイムが合ってなくてもこちらは攻撃をくらうはめになる。 2あればまあ回復が速い。

・右左スライドはエイムが簡単 右にスライドして再び左にスライドで戻ってくるスライドをするとエイムがほとんど変わらないので1点射撃モードが当てやすくなります。 機動力を活かしたい、少しでも速くキルを取りたいと言う場合にはスライド撃ちをと言うように、状況に合わせて使い分けられると、より理想的と言えます。