グライド ライド アシックス。 グライドライド・エボライドを履いたランナーの声は?アシックス新テクノロジー搭載シューズの特徴

(最新プレビュー)アシックスグライドライド2のスペック・特徴紹介/Preview on asics Glideride2

アシックス グライド ライド アシックス グライド ライド

また、初心者からフルマラソンなどを走るランナーまで幅広い層が使っています。 GlideRide(グライドライド)とは ENERGY SAVING FAMILY(RIDEシリーズ)は、走行効率を追求して設計されたアシックスのテクノロジーとデザインを組み込んだ、走行効率を追求するシリーズ。

20
クッション重視のシューズって、下りのときの着地がブレ気味だったりしますけど、《グライドライド》はそんなことないですね。 重心が自然と前傾するような、走行効率を追求して設計されたアシックスの新しいテクノロジーです。

【GLIDERIDE】アシックス グライドライド レビュー【厚底が走りを変える】

アシックス グライド ライド アシックス グライド ライド

カカト着地(ヒールストライク)を前提に設計されているため、無理してフォアフット走法を体得する必要もない。

18
ASICS アシックス アシックスが昨年発表した厚底シューズ「METARIDE」。

履くだけで楽に走れるようになった! アシックスの新作シューズ《GLIDERIDE》の真価を体感

アシックス グライド ライド アシックス グライド ライド

正式名称ではありませんが、Runtrip Magazineではこのシリーズを紹介している記事で 『RIDEシリーズ(ライドシリーズ)』『RIDE兄弟』といった呼び方もしています。 「秋にはメタライドの普及モデルが出るらしい」という話を耳にしていたからだ。

3
するとメタライドに比べてグライドライドを履くランナーは、必然的に足の接地位置が前方に移るので、反り上がりはじめの位置が同じだと、どうしても「転がる」ような推進力の恩恵を受けにくくなると言えます。 ソールは割と硬めで反発力がありますので短距離の練習用としても全然いけると思います。

asics グライドライド

アシックス グライド ライド アシックス グライド ライド

つま先が弓状に反り上がったGUIDESOLE(ガイドソール) RIDEシリーズの最大の特徴は、GUIDESOLE(ガイドソール)。 「ランニングシューズは生地の柔らかさや薄さに特化したものが多く、ぎゅっと強く縛ると変形のリスクが高まります。 アシックスの技術が詰まった「」。

フルのベストタイムは2時間36分37秒(2015年)。

【ランニングシューズレビュー】グライドライド(GlideRide)を購入した【ASICS】

アシックス グライド ライド アシックス グライド ライド

小谷 ウォーミングアップを兼ねて2kmジョグをしてから、皇居を一周します。 さら踏み込んで言うと、軽量化した分、こっちの方が速く走れそうだ。

みんなで笑いながら映画館行くのもいいもんだな。 登録すると、正しいトレーニング法を『ターザン』おなじみのトレーナーにレクチャーしてもらえるイベントに参加できるほか、豪華プレゼントが手に入るチャンスも。

アシックス GLIDERIDE(グライドライド)

アシックス グライド ライド アシックス グライド ライド

走るのも気分だし新たな相棒ができたみたいで楽しいです。 脚力やスタミナにあまり自身がないランナーにとってはデイリートレナーとして日々のランニングで履ける一足でしょう。 どんなに機能が優れたシューズであってもフィットしていないシューズではその機能が発揮されません。

12
まあ形状が酷似しているので当然です。